製品情報

Product

ハンドリング工程

定量供給装置

ロータリーバルブ・エアーロック型(TLV)

空気輸送におけるレシーバーやサイクロンの下用の定量排出装置

特長

軸シールと軸受ベアリングの間にスペースを設けたアウトメタル方式により、軸シールのメンテナンスやローターのセンタリング、スラスト方向の微調整を容易に行うことが可能。


用途

空気輸送におけるレシーバーやサイクロンの下など、上下の圧力差がある場所で粉粒体を定量的に排出。



仕様


  • 材質:ステンレス、スチール
  • 標準色(スチール部):外面…N9(ホワイト)
    内面…食適クリヤー
  • オプション:ローター3面エッジ加工、エアーパージ仕様、排出用ホッパー、モーター・スプロケット・チェーン等駆動部品、専用モーターベース、シャフト安全カバー

澱粉タイプ

澱粉などの噛み込みやすい微粉末も、特殊エアーパージ機構及びローター(羽根)のエッジ加工によりスムーズに排出します。

ご用命の際は下記項目をご連絡ください。
1、型式 2、搬送物の性状 3、接粉部素材 4、供給・排出量 5、前後設備及び圧力差 6、設置場所 7、稼動時間 8、電圧及び周波数