PEOPLE ツカサ工業で働く仲間

新家 匡詞

TADASHI SHINYA

生産部 製造

愛知淑徳大学文学部教育学科を卒業し、2013年4月にツカサ工業に入社。生産部製造に在籍し、ステンレスや鉄を一枚の板から展開、曲げ、溶接、仕上げの工程により製品に加工する板金作業を行っている。

ツカサ工業に入社してよかったこと

就職活動をしている時、数多くの企業を見てきましたが、ツカサ工業に勤めている方々は、どの人も仕事に対して熱く、そして何より皆さん暖かい人ばかりでした。団結力が強い会社だと思い、入社を決めました。

私は生産部製造に勤めていますが、ものづくりは一筋縄ではいかなく、技術もそう簡単には身につきません。しかし、造れなかったものを造ることができるようになった時、努力してきて良かったと思いますし、実際に自分の製作した製品がお客様の工場で使用されていると嬉しく感じます。

ツカサ工業は大変多くの粉体機器製品を取り扱っていますが、大型機器を一から全部製作することを今後の目標にしています。そんな目標のために日々、自分にできることを考えて技術を磨いています。

大切にしていること

一番大切にしている事はコミュニケーションです。どんな仕事も一人では成功しませんし、成長できません。困ったり、行き詰った時は一人で抱え込むのではなく、上司や先輩に相談することを心がけています。

ツカサ工業のものづくりは、ライン作業ではなく、一枚の板から製品にするまで全て手作業で行います。自分で考え一つの製品にすることは決して楽ではありませんが、その苦労を乗り越えた時、他では味わえない喜びややりがいが感じられます。

これから入社する方へのメッセージ

就職活動中の皆さんへ
就職活動中は思うようにいかなかったり、心が折れることたくさんあると思います。

私自身不安に過ごしてた時期もありました。しかし、たくさん悩んで苦しい思いをしているということは、それだけ自分の将来に対して真剣ということです。

社長がよく「自分の居場所は自分で作るもの」とおっしゃいます。就職活動はまさに居場所を作るための活動だと思います。皆さんも自分の将来に妥協せずに自分の居場所作ってくださいね。

一日の仕事の流れ

  1. 8:00
    出社
    ラジオ体操・朝礼を行います。
  2. 8:15
    図面の確認
    一日の作業内容の確認を行います。
  3. 8:30
    板金作業
    溶接、歪み取りなどの作業を行います。
  4. 12:00
    昼食
    社内弁当もしくは、持参した弁当を食堂で食べます。
  5. 13:00
    板金作業
    午前の続きの作業を行います。(仕上げなど)
  6. 16:30
    製品の確認
    出来上がった製品を上司に確認してもらいます。
  7. 17:00
    終業
    一日の作業を日報にまとめます。