POWER OF POWER TECHNOLOGY TSUKASA

企業情報

ホーム > 企業情報 > ツカサの技術史(製品開発史)

ツカサの技術史(製品開発史)

1946年 1月 加藤博司が加藤溶接工業所を創業し、非鉄金属の溶接業を始める
1963年 1月 ツカサ工業所と改称し、食品、薬品、化学品、窯業関係のステンレス産業設備機器の製造を始める
1968年 1月 アーク溶接仮付用保護面「デンメン」を開発し、製造を始める
1970年 4月 電溶ケーブル巻取機「デンドラ」を開発し、全国ネットで販売を始める
(第14回、第15回、第20回全日本中小企業輸出見本市において、中小企業長官より「デンドラ」が優秀商品として認定)
1972年 8月 食品、化学用ステンレス製タンクローリー車の製造を始める
1973年 7月 粉体移送用組立式スポート「ダクトン」を実用化し、製造販売を始める
1974年 10月 小麦粉撒積伸縮シュート「クリーンローダー」を日清製粉(株)と共同開発し、製造販売を始める
1977年 1月 粉体輸送用集塵機「ジェットロン」を開発し、製造販売を始める
1978年 6月 粉体プラント及び関連機器の設計、製造販売を始める
1987年 5月 粉体機器「パウフィルター」「パウチェンジ&ゲート」「パルスフィーダー」を規格シリーズ化
(第31回全日本中小企業輸出見本市において、「パウチェンジ」が中小企業長官賞を受賞)
1993年 7月 粉体サンプル自動回収装置「パウサンプラー」を開発し、製造販売する
1994年 1月 粉体自動計量システム「パウスケール」を開発し、製造販売する
1995年 7月 世界最小サイズの自動開袋機「パウオープナー」を開発し、製造販売を始める
1995年 10月 スクリュー型粉体全量連続流量計「パウメーター」を開発し、製造販売を始める
1996年 10月 自動給袋ロボット「デパレタイザーロボ&パレタイザーロボ」を開発し、製造販売を始める
1999年 5月 HACCPプロジェクトを発足し、HACCP対応製品の研究開発に着手
1999年 6月 粉粒体用サイロ「パウサイロシステム」、硬質アルミ合金製ロータリーバルブ「パウローター」を開発し、製造販売を始める
2000年 3月 HACCP対応の空気輸送用インライン型篩機「ラインシフター」を開発し、製造販売を始める
2001年 6月 連続式粉粒体乾燥装置「パウドライヤー」他「SEP空送システム」を開発し、製造販売を始める
2002年 10月 超コンパクト解砕機「パウカッター」を開発し、製造販売を始める
2003年 6月 衝撃式粉砕機「ラインミル」を開発し、製造販売を始める
2003年 8月 粉体トレーサビリティソフト「パウトレース」を開発し、販売を始める
2004年 12月 第2回新機械振興賞をHACCP、GMP、AIBに対応した篩い装置「ラインシフター」の開発に対して受賞
2006年 8月 微粉砕機「パウジェット」を開発する
2007年 1月 剪断転動造粒機「パウリューザ」を開発する
2007年 1月 パウミキサー・コニカル横型」を開発し、販売を開始する
2007年 2月 粉体用ふるい機一体型簡易充填機「パウパッカー」を開発し、製造販売を始める
2007年 5月 パウミキサーコニカル竪型」を開発し、販売を開始する
2007年 10月 粉粒体用排出機「スロープフィーダー」を開発し、製造販売を始める
2008年 4月 受託加工・受託試験サービスを開始する。
2009年 4月 気流粉砕機ウェーブミル」を開発し、販売を開始する
2009年 6月 粉体原料温調システム「パウコンディショナー」を開発し、販売を開始する
2011年 4月 クリーンローダーダストレス型」を開発し、販売を開始する
2011年 5月 ディバイダースケールシンプル」を開発し、販売を開始する
2016年 11月 ディバイダースケール・ダンピング型 コンパクトタイプ」」を開発し、販売を開始する